トップへ » 院長の技術力 » 見えにくい矯正装置とは?

透明で目立たない装置をご用意

「人に気づかれずに歯科矯正を行いたい。」「矯正歯科治療中でも自信を持って笑いたい。」
そんな見栄えの悪さが気になり、矯正歯科治療をためらっていた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

透明で目立たない装置をご用意

当院では、目立ちにくいプラスチックの装置や歯の裏側に着ける装置(舌側(ぜっそく:リンガル)矯正装置)などをご用意し、気軽に矯正歯科治療を始められるようにしています。

このページでは当院の目立たない装置についてご紹介します。

【プラスチック製矯正装置】透明で目立ちにくい装置

プラスチック製矯正装置当院では前歯に透明なプラスチック製装置(ブラケット)を使用しています。これは、今までのキラキラとした金属製の装置とは違い透明度の高いプラスチックですので、歯と同じ色調と質感を持っています。そのため金属製の物と比べて目立ちにくいことが特徴です。

※当院ではお子さんの治療に関しても、前歯には金属製の装置は使わず、プラスチックの装置を使用しています。

<プラスチック製矯正装置の特徴>
・周りの方に気づかれにくい。
・柔らかい材質のため、歯へのダメージがない。
・舌側(ぜっそく)矯正装置に比べてリーズナブル。

【舌側(ぜっそく)矯正装置(リンガル装置)】歯の裏側に着ける矯正装置

歯の裏側からの矯正装置「装置がまったく見えない方が良い。」という方にお勧めな物が、歯の裏側に装置を着けて歯並びをきれいにする、舌側(リンガル)矯正装置です。

これは矯正装置を歯の裏側に付ける治療方法です。装置を着けたときの顔の印象がまったく変わらないため、最近では多くの患者さんが利用し始めています。中には、「家族でさえも打ち明けるまで気づかなかった。」という患者さんもいるほどです。

ただし、「治療期間が長引く」「しゃべりづらい」などのデメリットがあるため、十分に患者さんがご納得した上でご提案を行なっております。

<舌側(リンガル)矯正装置の特徴>
・他人に気づかれにくい。
・表側の装置に比べて費用がかかる。
・しゃべりづらい。
・治療期間が長引く可能性がある。

関連ページリンク

link院長の技術力
論文のご紹介見えにくい矯正装置とは?治療の期間・流れって?費用の話
痛みの少ない治療って?抜歯について矯正中のむし歯・歯周病予防
「保険適応の矯正」について部分矯正について症例集患者さんの声
院内新聞

link矯正歯科の気になるギモン
子どもの矯正はコチラ!大人の矯正はコチラ!

link院長あいさつ・経歴
院内ツアースタッフ紹介アクセス・診療時間プライバシーポリシー

精度の高いカウンセリングをしたいから。あえて有料カウンセリングです。

カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 院長の技術力 » 見えにくい矯正装置とは?


コールバック予約

PAGE TOP