トップへ » 院長の技術力 » 抜歯について

できるだけ抜歯はしたくありません。

「健康な歯を抜歯して治療をする」ことに対して抵抗感を持たれる方は今も多いと思います。矯正治療を行う歯科医師もできるだけ最小の犠牲で最大の治療効果を上げたいといつも考えています。

できるだけ抜歯はしたくありません。

患者さんに負担の少ない治療方法を提案します
当院では、まず第1の選択として抜歯をせずとも治療できる方法を考えます。実際、患者さんの約4割が非抜歯で矯正治療を終えています。

具体的には......
「子どもの場合:60%」
「大人の場合:20%」

の割合で、非抜歯で治療を終えています。

ただし、抜歯が必要なケースもあります
抜歯には絶対(体)抜歯と便宜抜歯の2つがあります。

■絶対抜歯とは?
絶対抜歯とは、抜歯しないと絶対に改善が望めないものをいいます。たとえば、大きな歯に対して顎(あご)が小さいため歯が並ぶスペースが著しく不足している乱ぐい歯の場合、または歯が著しく突出していて、前歯を後ろに下げるスペースがない出っ歯の場合などです。これらの場合には抜歯が必要となります。

■便宜抜歯とは?
便宜抜歯とは、抜歯をしなくても治療は可能ですが、抜歯をした方が治療期間は短くなり、より確実に良い結果が望める場合です。この際には、患者さんとよく相談を行った上で、抜歯をするかどうかを決めていきます。

■抜歯の対象となる歯は?
抜歯の対象になる歯は主に犬歯と大臼歯との間にある小臼歯です。前歯は形が悪い場合や、長く持たない状態などの他には抜歯の対象になることはほとんどありません。

当院では、こうした背景を十分考慮し、最終的には患者さんに最もメリットがある方法をご提案させていただきます。その上で、患者さんが一番納得できる方法を患者さん自身に選んでいただいております。

関連ページリンク

link院長の技術力
論文のご紹介見えにくい矯正装置とは?治療の期間・流れって?費用の話
痛みの少ない治療って?抜歯について矯正中のむし歯・歯周病予防
「保険適応の矯正」について部分矯正について症例集患者さんの声
院内新聞

link矯正歯科の気になるギモン
子どもの矯正はコチラ!大人の矯正はコチラ!

link院長あいさつ・経歴
院内ツアースタッフ紹介アクセス・診療時間プライバシーポリシー

精度の高いカウンセリングをしたいから。あえて有料カウンセリングです。

カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 院長の技術力 » 抜歯について


コールバック予約

PAGE TOP