トップへ » 院長の技術力 » 「保険適応の矯正」について » 矯正歯科治療にも保険が適応できることを知っていますか?

矯正歯科治療にも保険が適応できることを知っていますか?

矯正歯科治療は原則的に健康保険が適用されませんが、厚生労働省が指定した下記の疾患については健康保険の適用が可能です。当院は「健康保険適応の矯正歯科治療ができる施設」として、厚生労働省より認定されています。

外科的な治療が必要な顎変形症について
上顎と下顎の骨格に著しくズレがある場合には、外科的な治療を行う必要があります。こうした治療は、大学病院など設備の整った特定の医療機関に限られます。当院は外科手術の必要な顎変形症治療ができる「顎口腔機能診断施設」として認定されています。

指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)について
身体上の障害を軽減し、日常生活を容易にするための治療です。厚生労働省の設けた基準(設備・人材など)をクリアしている医院で治療を受けられます。当院はこうした治療ができる「指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)」として認定されています。

※当院での唇顎口蓋裂など厚生労働大臣が定める疾患や顎変形症の保険診療では、下記の医療機関に協力をお願いしています。
北海道大学病院
帯広厚生病院・形成外科
帯広第一病院・歯科口腔外科
北斗病院・歯科口腔外科   
帯広協立病院・歯科口腔外科

以下の症状が疑われる患者さんは、ぜひ一度ご相談ください
〈健康保険が適応される症状〉
・顎変形症(顎離断等の手術を必要とするものに限る)の手術の前後の矯正歯科治療
・別に厚生労働大臣が定める以下の疾患に起因した咬合異常

1. 唇顎口蓋裂(しんがくこうがいれつ)
2. ゴールデンハー(Goldenhar)症候群(鰓弓異常症を含む)
3. 鎖骨・頭蓋骨異形成
4. クルーゾン(Crouzon)症候群
5. トリチャーコリンズ(Treacher-Collins)症候群
6. ピエールロバン(PierreRobin)症候群
7. ダウン(Down)症候群
8. ラッセルシルバー(Russell-Silver)症候群
9. ターナー(Turner)症候群
10. ベックウィズ・ヴィードマン(Beckwith-Wiedemann)症候群
11. 尖頭合指症
12. ロンベルグ(Romberg)症候群
13. 先天性ミオパチー
14. 顔面半側肥大症
15. エリス・ヴァン・クレベルド(Ellis-vanCreveld)症候群
16. 軟骨形成不全症
17. 外胚葉異形成症
18. 神経線維腫症
19. 基底細胞母斑症候群
20. ヌーナン(Noonan)症候群
21. マルファン(Marfan)症候群
22. プラダーウィリー(Prader-Willi)症候群
23. 顔面裂
24. 筋ジストロフィー
25. 大理石骨病
26. 色素失調症
27. 口・顔・指症候群
28. メービウス症候群
29. カブキ症候群
30. クリッペル・トレノーネイ・ウェーバー症候群
31. ウィリアムズ症候群
32. ビンダー症候群
33. スティックラー症候群
34. 小舌症
35. 頭蓋骨癒合症
36. 骨形成不全症
37. 口笛顔貌症候群
38. ルビンスタイン-ティビ症候群
39. 常染色体欠失症候群
40. ラーセン症候群
41. 濃化異骨症
42. 6歯以上の非症候性部分性無歯症


トップへ » 院長の技術力 » 「保険適応の矯正」について » 矯正歯科治療にも保険が適応できることを知っていますか?


コールバック予約

PAGE TOP