トップへ » 院長の技術力 » 日本矯正歯科学会「認定医」「指導医」「専門医」である院長

日本矯正歯科学会「認定医」「指導医」「専門医」である院長

当院院長は日本矯正歯科学会(日本で最も権威のある矯正の学会)より、「認定医」「指導医」「専門医」として認定されています。

当然ですが、一口に矯正歯科専門のドクターといっても、その技術は歯科医師によって大きく異なります。そこで治療技術を推し量る基準となるものが、日本矯正歯科学会が認定する認定資格です。

患者さんがどの歯科医院に行くかを選ぶ基準として、こうした資格を持っているかどうかは、ひとつの目安になると思います。

日本矯正歯科学会とは?
日本矯正歯科学会とは1926年に設立され、会員数5,800人を越える学会です。矯正治療を行う歯科医師は必ずといっていいほど入っている学会です。

日本矯正歯科学会「認定医」とは?
「認定医」になるためには、5年以上日本矯正歯科学会に所属し、学会が認めた大学の附属病院や矯正歯科医療機関で5年以上に渡る経験が必要です。また、学術誌に論文を発表。審査に合格した者に与えられます。2012年現在、認定医は全国に約3,000人います。

日本矯正歯科学会「指導医」とは?
12年以上の矯正治療経験を持ち、認定医取得後、大学病院で3年間の教育歴がなければ取得できない資格です。現在、日本矯正歯科学会指導医は、全国で600人程度しかいません。

日本矯正歯科学会「専門医」とは?
「専門医」とは、「認定医」「指導医」よりもさらにハイレベルな資格です。専門医になるためには、認定医であり、認定医資格を取得後に2回以上更新試験に合格していること、最近10年以内に矯正臨床に関する論文、著書または学会発表があることが必要です。

■専門医は全国に約300人程度しかおりません
また、症例の提示と試問審査に合格し、さらに、学術大会においてこれらの症例報告を行う必要があります。もちろん、治療結果が優れていない例がひとつでもあれば不合格となります。その認定水準の高さから、専門医は全国でも約300人程度しかおりません。
日本矯正歯科学会


トップへ » 院長の技術力 » 日本矯正歯科学会「認定医」「指導医」「専門医」である院長


コールバック予約

PAGE TOP