トップへ » 院長の技術力 » 治療の期間・流れって?

スピーディーで、効率の良い治療を提供

「できることなら、治療期間は短い方が良い。」―そう思っている患者さんは大勢いらっしゃると思います。実際、患者さんと話していても、そうした「期間」についての質問はよく受けます。

そうした中、当院では「効率のいい治療計画と、無駄のない治療」で、できるだけ期間が短い治療ができるよう努めています。1回1回の治療を大切にしながら、患者さんの歯の動きを敏感に察知します。

症例

治療期間を正確に予測することは困難です
ただし、治療の種類とその内容によって数か月で終了する場合もあり、また数年に及ぶ場合もあります。治療目標の程度や治療に対する生体反応の違いなどから、治療期間を正確に予測することは現状では困難です。当院では、しっかりとした診療を行い、最初の段階でできるだけ正確な治療期間をお伝えするようにしております。

治療の流れ

初診カウンセリング(有料):約60分
初診では、患者さんご本人やご家族の方が気になることやご希望をお聞きした後、レントゲン撮影及び歯並び・噛み合わせを診察し、カウンセリングさせていただきます。

この際、治療が必要な理由と治療の進め方や、費用の概要などをできるだけ詳しく、そして分かりやすくお伝えします。また、気になること等がございましたら、お気軽にお聞きください。
下へ

治療の流れ精密検査:約60分
治療を受諾された場合、次に矯正検査をします。ここでは必要な検査、各種の写真撮影や歯型を採ります。これらの資料を分析して不正咬合の診断と治療計画を作成します。
下へ

検査結果・診断と治療計画の説明:60~90分
次に、前回に行った検査結果と矯正診断の説明を行います。分析の結果に基づく治療計画、必要な治療装置などを説明します。複数の治療計画が考えられる場合には、それぞれの利点・欠点を含めて説明し、患者さんや保護者の方の意向を確認します。
下へ

治療の流れ治療開始
同意をいただければ、治療開始となります。

矯正治療には大きく分けて、

-顎の成長をコントロールする治療=早期治療;1期治療
(成長期の子どもが対象。取り外しのできる装置等を使います。)

-歯を動かす治療=晩期治療;2期治療
(すべての場合に行います。皆さんおなじみの固定式の装置等を使います。)

の2つがあります。
下へ

保定:30分~1時間/回
矯正治療の最終段階は保定(ほてい)です。矯正治療で動かした歯や顎(あご)は元へ戻ろうとする生体反応があります。これを「後戻り」と言います。せっかく長い時間をかけて頑張って良くなったものが、元に戻ってしまっては治療した意味がありません。そのため、歯や顎が安定するまで一定の期間、簡単な装置で保持する必要があります。これを保定と言います。

このように矯正治療にはいくつかのステップがあります。また、身体の適応能力を無理のない範囲で利用しながら進めていく治療なので時間がかかります。これらの点をご納得された上で、不正咬合を改善する選択肢のひとつとして矯正治療を考慮されることをお勧めします。

知ってほしい!保定の話

保定の話矯正治療で動かした顎(あご)や歯はそのままの位置に止まっているでしょうか?
答えは残念ながら「ノー」です。動かされたばかりの顎や歯はすぐに元の位置へ動こうとします。それを「後戻り」と言います。この後戻りが起きないよう管理することを保定と言います。そのため、保定は矯正治療の中で最も大切な段階と言えます。

後戻りの原因について
後戻りの原因はいろいろあります。

まず、顎の骨に付着している筋肉の緊張、あるいは舌や口唇などの異常な動きによっても後戻りが起こります。

また、動かした歯も後戻りを起こします。歯は周囲の歯や骨、歯肉と線維で結合した状態で生えています。矯正治療ではこの線維の結合よりも強い力を加えるため歯は動きます。ところが、加えた力を動かした直後に取り除いてしまうと、歯は線維に引っ張られて元の位置に戻ってしまいます。

このように、顎や歯が生体の仕組みによって動くのと同じく、生体の仕組みによって後戻りも起きます。

保定に使われる装置について
保定に使われる装置はシンプルな物が多く、それらをリテーナーと呼びます。リテーナーには取り外しの可能なタイプと歯の裏側に装着するタイプがあります。

保定の開始時期には不正咬合が十分に改善されており、リテーナーも簡便なため、ついつい油断して使うことを忘れてしまうことがあります。そうすると、ゆっくりではありますが、後戻りが起こってしまいます。後戻りが一旦起きると、リテーナーでは十分に治すことができず、再び治療をしなければなりません。

関連ページリンク

link院長の技術力
論文のご紹介見えにくい矯正装置とは?治療の期間・流れって?費用の話
痛みの少ない治療って?抜歯について矯正中のむし歯・歯周病予防
「保険適応の矯正」について部分矯正について症例集患者さんの声
院内新聞

link矯正歯科の気になるギモン
子どもの矯正はコチラ!大人の矯正はコチラ!

link院長あいさつ・経歴
院内ツアースタッフ紹介アクセス・診療時間プライバシーポリシー

精度の高いカウンセリングをしたいから。あえて有料カウンセリングです。

カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 院長の技術力 » 治療の期間・流れって?


コールバック予約

PAGE TOP