トップへ » 院長の技術力 » 矯正中のむし歯・歯周病予防

矯正中のむし歯・歯周病予防

むし歯ができてしまうとむし歯治療をするために、矯正治療を一時中断しなければなりません。そうなるとせっかく動いた歯がまた元の状態に戻ってしまい、今までの治療が無駄になってしまいます。限られた時間の中で確実に治療を進めるために、治療中のむし歯予防はとても大切です。

矯正中のむし歯・歯周病予防

当院では、患者さんに合った予防プログラムを作成します。治療中のむし歯を予防すべく、様々なサポートを行っております。

【カリエスリスク検査】むし歯のなりやすさがわかる

カリエスリスク検査カリエスリスク検査とは、むし歯になりやすさを調べる検査です。

客観的な調査によって、患者さん一人ひとりに合った予防計画を立案します。むし歯の原因を探り、排除することで、むし歯にならない口内環境を整えます。

【PMTC】専用の機械を使って歯科医院で行う歯のクリーニング

PMTCPMTCとは、専用の機械を使って歯科医院で行う歯のクリーニングです。

プラーク(歯垢)は、歯の表面に付着している時間が長くなり古くなる程、歯を溶かす"酸"の産生量が増え、細菌の毒性も強くなり、やがてむし歯や歯周病を引き起こします。

毎日の歯磨きではうまくきれいにならない歯と歯の間や歯と歯茎の境目などを定期的にクリーニングすることで、プラークの成熟を抑え、むし歯や歯周病を予防することができます。

健康な歯や歯茎を保つためには、家庭でのホームケア(正しいブラッシング)と、歯科医院でのプロフェッショナルケア(PMTC)の2つのケアを行うことが効果的です。

当院では、毎回装置を外してクリーニングを行います
当院では、矯正中の通院の際、しっかり歯をクリーニングできるように毎回装置を外して歯のクリーニングを行なっております。毎回装置を外し、再び装着することは時間がかかりますが、こうした地道な手間こそが、むし歯・歯周病の予防に繋がる大切な作業です。

PMTCの手順
■1. 歯の表面に、フッ素入りの研磨ペーストを塗ります
下へ

■2. 専用のチップで歯と歯の間をみがきます
下へ

■3. 専用のブラシやゴム製のカップで、歯の表・裏、歯と歯茎の境目、奥歯の溝などの細かい部分を磨きます
下へ

■4. 水洗します
下へ

■5. 最後にフッ素ジェルを塗布します
(歯をクリーニングすると、フッ素が溶け込みやすくなります。)

関連ページリンク

link院長の技術力
論文のご紹介見えにくい矯正装置とは?治療の期間・流れって?費用の話
痛みの少ない治療って?抜歯について矯正中のむし歯・歯周病予防
「保険適応の矯正」について部分矯正について症例集患者さんの声
院内新聞

link矯正歯科の気になるギモン
子どもの矯正はコチラ!大人の矯正はコチラ!

link院長あいさつ・経歴
院内ツアースタッフ紹介アクセス・診療時間プライバシーポリシー

精度の高いカウンセリングをしたいから。あえて有料カウンセリングです。

カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 院長の技術力 » 矯正中のむし歯・歯周病予防


コールバック予約

PAGE TOP