«  2003年7月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2003年7月 1日

先日、矯正歯科の専門医の集まりが札幌であったので行ってきました。

この会ではいつも色々なことが話題になり、私達の情報交換の場になっています。その中でとてもシリアスな話題がありました。「虫歯の原因は歯科医のせい」という見出しの記事で、7月11日頃に幾つかの新聞に掲載されたものです。

ご覧になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかも、その歯科医は矯正治療の間に患者さんを虫歯にさせた、ということで訴えられたそうです。

一般に、医療上のトラブルはドクターサイド、患者サイド、また診療体制などなど、幾つかの様々な問題が同時に重なり合って起きる場合が多いようです。そのため、「だれに責任が?」ということはとても難しい判断になります。
しかしいずれにせよ、どちらサイドにとっても不幸な結果になります。この様なことが起こらないために、お互いの信頼関係がとっても大切であることを改めて思い知らされます。

« 2003年6月 | メイン | 2003年8月 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

おびひろアート矯正歯科 院長 今井徹
おびひろアート矯正歯科
院長 今井徹

【所属学会】
日本歯科医師会
日本矯正歯科学会
アメリカ矯正歯科学会
日本臨床矯正歯科医会

【経歴】
1979年3月 北海道大学歯学部卒業
1983年3月 北海道大学大学院歯学研究科修了(歯学博士)
1983年4月 北海道大学歯学部助手
1985年3月 北海道大学歯学部附属病院講師
1990年7月 日本矯正歯科学会認定医
1991年5月 文部省在外研究員としてアメリカ留学
1991年11月 北海道大学歯学部講師
1992年9月 日本矯正歯科学会指導医
1993年4月 北海道大学助教授
2000年8月 おびひろアート矯正歯科を開業
2006年11月 日本矯正歯科学会専門医