«  2017年1月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年1月23日

矯正治療を終了した患者様には「治療を受けてどうでしたか?」という内容のアンケートを書いてもらっています。ホームページにその一部を載せています。多くは「治療は長く、装置を着けていることは大変だったけれど、結果的には治療を受けて良かった」との意見でした。患者様の多くが自身の治療結果に満足していることが分かり、このことに励まされながら日々仕事をしています。

数年前に読んだ論文の一つに、長期間(治療後5年以上)経過した患者の満足度の要因は何なのか、という目的の研究がありました。その結果、長期間の満足度に強く影響している要因は治療後のかみ合わせや歯並びが安定し続けていることでした。その逆に、治療前の歯並びの悪さの程度、治療による改善の度合、抜歯の有無、治療期間の長短などの要因との関連はなかったと結論しています。一般的には治療はできるだけ短期間に終わった方がいい、歯は抜くよりも抜かない方がいい、治療前の歯ならびが悪いほど満足度が高くなる、などと考えがちですが、時間が経つとそういうことは需要ではないようです。 

平成29年1月のある日

« 2016年12月 | メイン | 2017年2月 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

おびひろアート矯正歯科 院長 今井徹
おびひろアート矯正歯科
院長 今井徹

【所属学会】
日本歯科医師会
日本矯正歯科学会
アメリカ矯正歯科学会
日本臨床矯正歯科医会

【経歴】
1979年3月 北海道大学歯学部卒業
1983年3月 北海道大学大学院歯学研究科修了(歯学博士)
1983年4月 北海道大学歯学部助手
1985年3月 北海道大学歯学部附属病院講師
1990年7月 日本矯正歯科学会認定医
1991年5月 文部省在外研究員としてアメリカ留学
1991年11月 北海道大学歯学部講師
1992年9月 日本矯正歯科学会指導医
1993年4月 北海道大学助教授
2000年8月 おびひろアート矯正歯科を開業
2006年11月 日本矯正歯科学会専門医