«  2003年10月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2003年10月 1日

先日、ある集まりで「介護」のお話を聞いてきました。毎日、介護支援センターで実際の介護活動をしておられる福祉士の方が演者としてお話をされました。 

介護の心構えは、それを必要とするお年寄り自らの自己決定を尊重しながら、掃除や食事などの毎日の当たり前な生活の中でどうしても出来ない部分を支援することだそうです。

そんな中の苦労話として、「いつももっときれいに掃除してくれ」、「誕生日だから美味しいご馳走を作ってくれ」などといった注文を言ってヘルパーさんを困らせることもあるそうです。

その逆に介護される側(将来の私達?)としての予防として、転倒などで骨折をしないように注意すること、そのためにはストレッチ体操が効果的とのこと。また、人とのふれ合いを避け閉じこもりがちになると「寝たきり」になりやすいそうです。
最後に、むし歯などからの感染によって食事が出来なくなることも状況を悪化させる注意点だそうです。

« 2003年9月 | メイン | 2003年11月 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

おびひろアート矯正歯科 院長 今井徹
おびひろアート矯正歯科
院長 今井徹

【所属学会】
日本歯科医師会
日本矯正歯科学会
アメリカ矯正歯科学会
日本臨床矯正歯科医会

【経歴】
1979年3月 北海道大学歯学部卒業
1983年3月 北海道大学大学院歯学研究科修了(歯学博士)
1983年4月 北海道大学歯学部助手
1985年3月 北海道大学歯学部附属病院講師
1990年7月 日本矯正歯科学会認定医
1991年5月 文部省在外研究員としてアメリカ留学
1991年11月 北海道大学歯学部講師
1992年9月 日本矯正歯科学会指導医
1993年4月 北海道大学助教授
2000年8月 おびひろアート矯正歯科を開業
2006年11月 日本矯正歯科学会専門医