«  2019年6月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2019年6月11日

先日、大学の同窓会があり、久しぶりに先輩、後輩の先生達とお酒を酌み交わし、楽しい話に盛り上がりました。その時に聞いた話を一つ。

歯科で扱う最も多い病気のむし歯が年々少なくなり、口の衛生状態が改善されてきています。歯科医師会で提唱した8020運動(自分の歯が80歳で20本)も予想より早く達成されるようで、自分の歯で美味しく食事のできる高齢者が増えています。

ところが、そのような高齢者が認知症になると普段のように自分で歯を上手に磨くことができなくなってしまいます。
そのため急激にむし歯が増え、20本以上もの歯を抜歯せざるを得なくなったとのこと。

認知症の老人を多く世話する施設に働く介護士さんの中には入れ歯の清掃よりも沢山残っている歯の清掃のほうが大変だ、と迷惑がっている場合もあるそうです。

高齢化社会を迎え、認知症などで歯みがきができなくなってしまった場合のことまで予想することは難しいことでした。
歯科医療はこの新たな難問を解決すべくさらに一層の努力をしなければならないと思います。

令和元年6月のある日

« 2019年5月 | メイン | 2019年9月 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

おびひろアート矯正歯科 院長 今井徹
おびひろアート矯正歯科
院長 今井徹

【所属学会】
日本歯科医師会
日本矯正歯科学会
アメリカ矯正歯科学会
日本臨床矯正歯科医会

【経歴】
1979年3月 北海道大学歯学部卒業
1983年3月 北海道大学大学院歯学研究科修了(歯学博士)
1983年4月 北海道大学歯学部助手
1985年3月 北海道大学歯学部附属病院講師
1990年7月 日本矯正歯科学会認定医
1991年5月 文部省在外研究員としてアメリカ留学
1991年11月 北海道大学歯学部講師
1992年9月 日本矯正歯科学会指導医
1993年4月 北海道大学助教授
2000年8月 おびひろアート矯正歯科を開業
2006年11月 日本矯正歯科学会専門医