«  2017年8月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年8月24日


今回は「矯正治療での四つの大切なポイント」の最後、保定について話します。

矯正治療は沢山の歯を矯正装置を使って動かし、歯を正しい位置に並べます。動かし終わったら装置を外します。しかし、外したままにしておくと、歯はゆっくりと元の位置に戻ろうとします。この現象を「後戻(あともど)り」といい、もっとも大きな原因は歯と周囲の組織の構造によるもので、必ず起こります。後戻りを防ぐのが保定です。

多くの患者様は、長い時間をかけて治した綺麗な歯並びをできるだけ長く保っておきたいと望みます。その希望を保証するのが保定の役目で、治療後の安定性を左右する重要な段階となります。そのため、歯を動かす治療を動的(・・)治療(・・)というのに対して、保定を静的(・・)治療(・・)ともいいます。後戻りは動的治療後1年以内に起こる早期の後戻りと、それ以降にゆっくりと起こる晩期の後戻りがあります。
これら後戻りを防ぐ装置をリテーナー(保定装置)といいます。リテーナーには取り外し可能なタイプと歯に接着させるタイプがあります。使用時間も経過によっていろいろありますので、担当の先生の指示をしっかり守ることがとても大切です。 

平成29年8月のある日

« 2017年7月 | メイン | 2017年9月 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

おびひろアート矯正歯科 院長 今井徹
おびひろアート矯正歯科
院長 今井徹

【所属学会】
日本歯科医師会
日本矯正歯科学会
アメリカ矯正歯科学会
日本臨床矯正歯科医会

【経歴】
1979年3月 北海道大学歯学部卒業
1983年3月 北海道大学大学院歯学研究科修了(歯学博士)
1983年4月 北海道大学歯学部助手
1985年3月 北海道大学歯学部附属病院講師
1990年7月 日本矯正歯科学会認定医
1991年5月 文部省在外研究員としてアメリカ留学
1991年11月 北海道大学歯学部講師
1992年9月 日本矯正歯科学会指導医
1993年4月 北海道大学助教授
2000年8月 おびひろアート矯正歯科を開業
2006年11月 日本矯正歯科学会専門医