«  2015年1月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2015年1月30日

大学の歯学部学生への講義を年に一回担当しています。今年も1月に行いました。
内容はいつも同じですが、不正咬合(かみ合わせや歯並びが悪いことで矯正治療の対象)によって起きるさまざまな障害の研究紹介です。患者さんが治療の必要性を十分に納得してもらえるために必要な医学的事実を明らかにする方法を教えます。

その一つは不正咬合による発音への悪影響で、それを簡単に説明します。私たちが「あ」とか「い」とかの母音を発音するためには音の源となる「声帯」と、その音が通る筒状の「声道」が必要です。声帯はノドにあり、肺からの空気で「ブー」という音がします。
女性の声帯は小さいので高い音に、男性は大きいので低い音になります。声道とは声帯から唇までの空洞のことで、アゴの位置や舌の動きによってその形が変わります。

人間は子供の頃からの練習で声道の形を巧みに変えることで「あ」とか「い」とかの音を作っているのです。そのため、声道の形が正常でないと正しい音を作ることができなくなります。矯正治療は正しい発音のためにも重要な治療になるのです。 平成27年1月のある日

« 2014年12月 | メイン | 2015年2月 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

おびひろアート矯正歯科 院長 今井徹
おびひろアート矯正歯科
院長 今井徹

【所属学会】
日本歯科医師会
日本矯正歯科学会
アメリカ矯正歯科学会
日本臨床矯正歯科医会

【経歴】
1979年3月 北海道大学歯学部卒業
1983年3月 北海道大学大学院歯学研究科修了(歯学博士)
1983年4月 北海道大学歯学部助手
1985年3月 北海道大学歯学部附属病院講師
1990年7月 日本矯正歯科学会認定医
1991年5月 文部省在外研究員としてアメリカ留学
1991年11月 北海道大学歯学部講師
1992年9月 日本矯正歯科学会指導医
1993年4月 北海道大学助教授
2000年8月 おびひろアート矯正歯科を開業
2006年11月 日本矯正歯科学会専門医