«  2012年2月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
2012年2月12日

今月の第1週は講習会、第2週は学会と出張が続きました。講習会は十数年間毎年開催され、私が用いているマクローフリン先生(USA)のMBTテクニックについてです。いつも素晴らしい治療結果を教えられ、大変勉強になっています。

第2週の学会も例年同じ月に開催されます。矯正歯科の開業専門医による団体での学会で、今年は大阪で「術後の長期経過」をテーマに行われました。セミナーのパネリストの一人として、一昨年行った実態調査の結果を発表しました。矯正治療が終わった後、リテーナーをどのように使えば良いのか、治療後のあと戻りをどう防止したらいいのか、など解決を急がなければならない難題についての討論でした。世界的規模でみても今のところ残念ながら明確な解答はありません。解決の糸口の一つとして歯の動揺があり、動揺が収まるまでには少なくとも治療後2年以上はかかると言われています。難題の解答をさらに追究する努力が今も多くの先生により行われていました。

« 2012年1月 | メイン | 2012年3月 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

おびひろアート矯正歯科 院長 今井徹
おびひろアート矯正歯科
院長 今井徹

【所属学会】
日本歯科医師会
日本矯正歯科学会
アメリカ矯正歯科学会
日本臨床矯正歯科医会

【経歴】
1979年3月 北海道大学歯学部卒業
1983年3月 北海道大学大学院歯学研究科修了(歯学博士)
1983年4月 北海道大学歯学部助手
1985年3月 北海道大学歯学部附属病院講師
1990年7月 日本矯正歯科学会認定医
1991年5月 文部省在外研究員としてアメリカ留学
1991年11月 北海道大学歯学部講師
1992年9月 日本矯正歯科学会指導医
1993年4月 北海道大学助教授
2000年8月 おびひろアート矯正歯科を開業
2006年11月 日本矯正歯科学会専門医