«  2016年10月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2016年10月27日

先日、市内の情報誌の取材をきっかけに当院で矯正治療を受ける子供と大人の比率を調べてみました。初診時に矯正相談を受けた方を子供の矯正治療(15歳未満)と大人の矯正治療(15歳以上) の二つに分け、2005年と2015年の二時点でその比率を計算しました。

その結果、2005年では子供対大人は6:4でしたが、10年後の2015年では4:6と逆転し、大人の比率が増えていました。年齢層では20歳代がもっとも多く、次が30歳代で60歳代の方も治療を受けられています。

今もまだ「矯正治療は子供が受ける治療」と考えている方が多いようですが、実際には様々な年齢層の方が矯正治療を受けるようになってきました。それに伴い、幾つかのトラブルも起こっています。その一つが、転勤や結婚などで治療途中に転居しなければならなくなった、という問題です。この場合、通常は「転医」と言って、転居先の矯正医をご紹介し治療の継続を依頼する、という手続きをします。たた残念なことにこの手続きは矯正医の「義務」ではないので、治療前にあらかじめこの点を確認しておくことが必要です。 

平成28年10月のある日

« 2016年9月 | メイン | 2016年11月 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

おびひろアート矯正歯科 院長 今井徹
おびひろアート矯正歯科
院長 今井徹

【所属学会】
日本歯科医師会
日本矯正歯科学会
アメリカ矯正歯科学会
日本臨床矯正歯科医会

【経歴】
1979年3月 北海道大学歯学部卒業
1983年3月 北海道大学大学院歯学研究科修了(歯学博士)
1983年4月 北海道大学歯学部助手
1985年3月 北海道大学歯学部附属病院講師
1990年7月 日本矯正歯科学会認定医
1991年5月 文部省在外研究員としてアメリカ留学
1991年11月 北海道大学歯学部講師
1992年9月 日本矯正歯科学会指導医
1993年4月 北海道大学助教授
2000年8月 おびひろアート矯正歯科を開業
2006年11月 日本矯正歯科学会専門医