«  2014年12月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2014年12月24日

矯正治療は「矯正装置」という治療器具を使い、弱い力を歯に加えて動かします。この矯正装置は既製品もありますが、多くの場合は口の中から歯型を取り、石膏の模型を作り、その模型を使って先生や歯科技工士が手で作っています。そのため、一つの矯正装置ができるまでには長い時間がかかります。

矯正歯科の研究にはめざましい進歩があります。それによると、近未来の矯正治療ではわざわざ患者さんから苦しい思いをさせて歯型を取ったりすることもなく、壊れたり変形しやすい石膏の模型を作ることもなく、ましてや人の手でコツコツと矯正装置を作ることもなくなるようです。

口腔内スキャナーという機械を口の中に入れて歯型のデータをとり、それをコンピュータに入力します。歯型はすぐに三次元画像となって出力されます。その画像上に先生が必要な矯正装置のデザインを設計します。その設計図に基づき、三次元プリンターやワイヤーを曲げるベンディングマシーンという機械が矯正装置を作っていきます。今はまだ研究段階ですが、夢の話ではなさそうな状況です。  

平成26年12月のある日

« 2014年11月 | メイン | 2015年1月 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

おびひろアート矯正歯科 院長 今井徹
おびひろアート矯正歯科
院長 今井徹

【所属学会】
日本歯科医師会
日本矯正歯科学会
アメリカ矯正歯科学会
日本臨床矯正歯科医会

【経歴】
1979年3月 北海道大学歯学部卒業
1983年3月 北海道大学大学院歯学研究科修了(歯学博士)
1983年4月 北海道大学歯学部助手
1985年3月 北海道大学歯学部附属病院講師
1990年7月 日本矯正歯科学会認定医
1991年5月 文部省在外研究員としてアメリカ留学
1991年11月 北海道大学歯学部講師
1992年9月 日本矯正歯科学会指導医
1993年4月 北海道大学助教授
2000年8月 おびひろアート矯正歯科を開業
2006年11月 日本矯正歯科学会専門医