«  2012年7月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2012年7月11日

毎年、5~6月は学校歯科検診のシーズンで、今年は2校の小学校に行きました。2校とも同じ5,6年生で、約100名の生徒を診ました。いつもながら、むし歯のある子が以前に比べると少なくなったことを実感します。

矯正歯科という仕事柄、乳歯から永久歯への歯の交換など成長の経過を観察することに強い関心がありますので、小学生の検診は一つの実地検分の機会になっています。同じ学年でも歯の交換が子供によって違いますが、高学年ではほとんどの永久歯が出てきています。ところが、すでに生えているべき歯が1~2本見られない生徒が各校に10人近くもいたことには驚きました。これは「歯の先天欠如」と言い、歯の先天異常の一つです。発生頻度の最も高い心臓血管異常で2%ですので、歯の先天欠如の約10%はかなり高い発生頻度です。一昨年の日本小児歯科学会でも同じ指摘をしていました。今の子供達にいったい何が起こっているのだろうか、と心配になりました。

« 2012年6月 | メイン | 2012年8月 »

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

おびひろアート矯正歯科 院長 今井徹
おびひろアート矯正歯科
院長 今井徹

【所属学会】
日本歯科医師会
日本矯正歯科学会
アメリカ矯正歯科学会
日本臨床矯正歯科医会

【経歴】
1979年3月 北海道大学歯学部卒業
1983年3月 北海道大学大学院歯学研究科修了(歯学博士)
1983年4月 北海道大学歯学部助手
1985年3月 北海道大学歯学部附属病院講師
1990年7月 日本矯正歯科学会認定医
1991年5月 文部省在外研究員としてアメリカ留学
1991年11月 北海道大学歯学部講師
1992年9月 日本矯正歯科学会指導医
1993年4月 北海道大学助教授
2000年8月 おびひろアート矯正歯科を開業
2006年11月 日本矯正歯科学会専門医