«  2022年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 院長の一言... 「院長一言を再開します」 | メイン | 院長の一言... 「学会への相談事例について その1」 »

2022年10月17日

日本の矯正歯科分野で会員数が最も多く、最も長い歴史のある学会は「日本矯正歯科学会」です。1926年に創立されおよそ百年近くになり、現在の会員数は6000人を超えています。

大学の歯科矯正学講座に在籍する医局員や矯正歯科を診療科目とする歯科医師の多くが所属し、矯正歯科に関する学術活動や社会活動を活発に行っています。
学会にはさまざまな委員会が設けられ、その中で矯正患者さんに最も近いものが「国内渉外委員会」です。一般の方や患者さんからの質問やクレームなどを受け、学会の立場として回答しています。私は8年間その委員会に所属していました。

学会へのよくある質問とその回答は学会のホームページに掲載されていますので、ご覧いただくと参考になると思います。
学会には実にさまざまな質問が送られてきますが、その中で最も多いのが矯正治療費に関する質問です。転居などで治療が続けられなくなった場合や何らかの理由から途中で治療をやめたい場合はどうなるのかなどです。
保険外診療の場合が多く、治療費も高額なのでご心配になるのは当然です。
次回は具体的に紹介したいと思います。

令和4年10月のある日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.art-kyousei.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/723

Archives

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

おびひろアート矯正歯科 院長 今井徹
おびひろアート矯正歯科
院長 今井徹

【所属学会】
日本歯科医師会
日本矯正歯科学会
アメリカ矯正歯科学会
日本臨床矯正歯科医会

【経歴】
1979年3月 北海道大学歯学部卒業
1983年3月 北海道大学大学院歯学研究科修了(歯学博士)
1983年4月 北海道大学歯学部助手
1985年3月 北海道大学歯学部附属病院講師
1990年7月 日本矯正歯科学会認定医
1991年5月 文部省在外研究員としてアメリカ留学
1991年11月 北海道大学歯学部講師
1992年9月 日本矯正歯科学会指導医
1993年4月 北海道大学助教授
2000年8月 おびひろアート矯正歯科を開業
2006年11月 日本矯正歯科学会臨床指導医(旧専門医)